営業倉庫業の種類

営業倉庫業の種類

倉庫には以下のような種類があります。

  1. 一類倉庫 私たちが通常イメージする倉庫はこれに該当します。危険物及び高圧ガス、10℃以下保管の物品を除いた全ての物品の保管が可能
  2. 二類倉庫 一類倉庫には要求される「(建物の)耐火性能」が不要な倉庫
  3. 三類倉庫 一類倉庫に要求される「防水」「防湿」「遮熱」「耐火」の性能と「某鼠措置」の不要な倉庫
  4. 野積倉庫 柵や塀で囲まれた区画です。保管可能な物品は「岩塩」「原木」
  5. 水面倉庫 原木を水面で保管する倉庫です
  6. 貯蔵槽倉庫 穀物などをバラ貨物及び液体で等で保管する倉庫です。サイロやタンクがこれに該当。「糖蜜」「小麦粉」等を保管
  7. 危険品(工作物)倉庫 文字通り、建屋・タンクで危険品を保管する倉庫です。
  8. 危険品(土地)倉庫 区画(区域)で危険物を保管する倉庫です。(潤滑油などを保管)
  9. 冷蔵倉庫 10℃以下で保管することが適当な貨物を保管する倉庫です。(冷凍食品など)

 

倉庫業登録・許可に関するお問い合わせ

倉庫業登録に関する許可申請手続きで、何かお困りでしょうか。許認可専門の行政書士が対応いたします。お電話またはメールにて、お気軽にお問合わせください。